KBC九州朝日放送

KBCサイト内検索

リンク:博多久松のおせち

KBC共通メニューをスキップ:このページの本文へ飛ぶ

ここから本文です

第70回福岡国際マラソン アジア競技大会代表選手選考競技会

2016年12月4日(日)正午~ テレビ朝日系列など全国29局ネットで実況中継

コース紹介
大会成績
歴代優勝者
1位 Y.ツェガエ (エチオピア) 2゚08'48"
2位 P.マカウ (ケニア) 2゚08'57"
3位 川内 優輝 (埼玉県庁) 2゚09'11"

大会のまとめ

来年ロンドンで開催される世界選手権の選考会を兼ねた第70回福岡国際マラソンは午後0時10分に平和台陸上競技場をスタートしました。
大会3連覇を狙うパトリック・マカウ選手をはじめ海外の有力選手に対して、来年のロンドン世界選手権を最後の世界挑戦と明言する川内優輝選手や前田和浩選手、高田千春選手ら日本勢が優勝争いに絡むのか注目されました。

ダイジェストダイジェスト

前半はスローペースでレースが展開しました。故障を押して出場の川内選手も先頭集団につきます。20km地点を過ぎても20人を越える選手が先頭集団を形成して後半の勝負どころを探ります。

ダイジェストダイジェスト

25km付近からペースを上げたマラク・アベラ選手が先頭に立ちました。トップで折り返しを通過しますが、スパートをかけたマカウ選手、ツェガエ選手が34km過ぎでアベラ選手を捉えます。

ダイジェストダイジェスト

マカウ選手、ツェガエ選手のトップ争いは終盤までもつれました。その後ろからアベラ選手をかわし、3位に浮上した川内選手が2人を猛追します。

ダイジェストダイジェスト

残り2kmを切ってスパートしたツェガエ選手が、そのまま1位でフィニッシュ。マカウ選手の大会3連覇はならず。川内選手は大健闘の3位でフィニッシュしました。

ダイジェストダイジェスト

順位 No 名前 所属・国籍 記録
1 3 イエマネ・ツェガエ エチオピア 2°08'48"
2 1 パトリック・マカウ ケニア 2°08'57"
3 21 川内 優輝 埼玉県庁 2°09'11"
4 72 園田 隼 黒崎播磨 2°10'40"
5 5 アマヌエル・メセル エリトリア 2°10'48"
6 4 ヘンリク・ゾスト ポーランド 2°10'53"
7 8 リード・クールセット カナダ 2°10'55"
8 54 ドミトロ・バラノフスキー ウクライナ 2°11'39"
9 24 ヤレド・アスメロン SEISA 2°11'57"
10 28 前田 和浩 九電工 2°12°19"