「米か北朝鮮か選べ」 包囲網形成の大統領令に署名

09/22 11:48 更新

 トランプ大統領は北朝鮮に対し、新たな制裁を科す大統領令に署名しました。北朝鮮と取引する銀行をアメリカの金融市場から締め出すなどとしています。ニューヨークから報告です。  (山下達也記者報告)  トランプ大統領はこの新しい制裁を日米韓首脳会談の席で大々的に発表しました。そして、中国からの協力も明らかにして北朝鮮包囲網をアピールしました。  トランプ大統領:「海外の銀行はアメリカとビジネスをするか、ならず者の北朝鮮と取引をするか選ばなければならない」  トランプ大統領はさらに、「中国の中央銀行が他の中国の銀行に北朝鮮との取引を禁じた」と興奮気味に発表し、「習国家主席に感謝する」と繰り返しました。トランプ大統領の本心は、軍事行動はあくまで脅しで、軍事行動をてこに中国などから協力を引き出すのが狙いです。ただ、この発表の数時間後、金正恩委員長に声明でこき下ろされました。トランプ大統領は今のところ、ツイッターなどでも反論していませんが、侮辱されることを最も嫌がるため、倍返しで逆襲することは確実です。アメリカでは2人の言葉のバトルがエスカレートし、計算違いで本当のバトルに発展するのではないかと心配する声が出始めています。