中国が北朝鮮に特使 金委員長の側近と会談

11/18 05:52 更新

 中国の習近平国家主席の特使が北朝鮮を訪れ、金正恩委員長の側近と会談しました。  中国共産党で対外政策を担当する宋濤中央対外連絡部長は習主席の特使として17日、平壌空港に到着し、朝鮮労働党の李冒根(リ・チャングン)副部長に出迎えられました。宋部長はその後、金正恩委員長の側近である朝鮮労働党の崔竜海(チェ・リョンヘ)副委員長と会談しました。今回の訪問は、先月の中国共産党大会の報告が目的ですが、北朝鮮の核・ミサイル問題について話し合った可能性があります。韓国メディアは、宋部長が金委員長と会談する可能性もあると伝えています。