ディズニー 8兆円でFOX映画部門などの買収が確定

07/20 04:56 更新

 アメリカのウォルト・ディズニーがメディア大手「21世紀フォックス」の映画部門などを約8兆円で買収することが確定しました。  ディズニーは去年12月、21世紀フォックス傘下の映画製作会社「20世紀フォックス」など娯楽部門を約6兆円で買収すると発表しました。しかし、メディア大手のコムキャストがこれを上回る額での買収を提案したため、ディズニーは約8兆円に買収額を引き上げていました。両社による争奪戦が展開されるなか、コムキャストが19日、買収からの撤退を発表し、ディズニーによる買収が確定しました。ディズニーは買収によって人気コンテンツを獲得し、利用者が増えている動画配信事業を強化するとみられます。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018