いよいよロイヤル婚 ウィンザー城前で既に場所取り

05/18 17:12 更新

 19日にイギリスのヘンリー王子の挙式が行われます。ウィンザー城前から報告です。  (金子陽記者報告)  夜はだいぶ冷え込んでいますが、そんななかで待っている多くの人がいます。ウィンザー城でいよいよ、27時間後に始まる結婚式。その結婚式の後にヘンリー王子とメーガン・マークルさんはパレードすることになっていますが、沿道にはすでに多くの王室ファンが集まっていて、フランスやアメリカ、遠くはオーストラリアから来ている人がいます。イギリス国旗に身を包んで気合も十分といった感じです。皆さんは寝泊まりして過ごしているのですが、なかには6日前から待っている人もいます。こうした光景はいつもイギリス王室のイベントでは見られますが、今回、いつもと違うのが「テントの持ち込みがセキュリティー上の理由で禁止」されていて、皆さんは寝袋で過ごしているということです。いつも取材に答えてくれる王室ファンの一人も、いつもは余裕の表情を見せていますが、今回ばかりは「つらい」と本音を漏らしていて、疲れの色を隠せないといった感じでした。2人のパレードはウィンザーの地元「ハイストリート」と呼ばれる目抜き通りを進んで行くことになります。沿道には最大10万人の市民が集まる予定で、2人は大歓声に包まれることになります。