「与正氏を無視」 ペンス副大統領「不適切」と判断

02/15 17:22 更新

 金与正(キム・ヨジョン)氏を「意図的に無視した」と明らかにしました。  ペンス米副大統領:「与正氏との接触を避けたのではなく、意図的に無視した」  アメリカのペンス副大統領は、平昌(ピョンチャン)オリンピックの開会式で北朝鮮の金正恩委員長の妹の与正氏と接触しなかったことについて、意図的に無視したことを明らかにしました。ペンス副大統領は、その理由として「プロパガンダ部門のリーダーである彼女と顔を合わせるのは、アメリカとして適切でないと判断した」と説明しました。また、北朝鮮との対話については「対話は交渉ではない」として、あくまでも非核化を求める政策は変わらないとしています。