メキシコでM7.1の地震 119人死亡 通信網寸断も

09/20 08:00 更新

 メキシコシティ近郊で日本時間の20日朝、マグニチュード7.1の地震が発生し、ビルの倒壊や停電などによって首都機能がまひしています。  アメリカ地質調査所によりますと、地震は日本時間の午前3時すぎに、首都メキシコシティから南東へ約120キロのプエブラ州ラボソ周辺で発生しました。震源の深さは51キロ、マグニチュードは7.1と推定されています。震源に近いプエブラ市内などでは複数のビルや住宅が倒壊しています。また、メキシコシティでも空港が閉鎖されたり通信網が寸断されるなど、大きな被害が出ています。ロイター通信によりますと、これまでに119人の死亡が確認されたということです。メキシコでは7日に南西部沖を震源とするマグニチュード8.2の強い地震が起きたばかりです。また、19日は1985年に約1万人の死者を出したメキシコ地震からちょうど32年目にあたり、各地で避難訓練などが行われていたということです。