米高校で銃乱射17人死亡 退学処分の元生徒を拘束

02/15 11:45 更新

 アメリカ南部のフロリダ州の高校で起きた銃乱射事件で、生徒ら17人が死亡しました。容疑者は発煙筒を使ったり火災報知器を鳴らしたりしていました。  フロリダ州パークランドの高校で14日午後、男がライフル銃を乱射し、生徒ら17人が死亡しました。また、14人が病院に搬送され、そのうち3人が重体です。現場近くで確保されたのは19歳のニコラス・クルーズ容疑者で、退学処分を受けた元生徒だということです。  女子生徒:「ボンボンボンという音を聞いて、最初は何?って思ったけど、銃声だと分かったの。私はフェンスを越えて、あそこのショッピングセンターまで走ったわ」  フロリダ州選出の上院議員によりますと、容疑者はガスマスクを着けて発煙筒をたいたということです。また、銃撃の前には火災報知器が鳴ったということです。生徒を校舎の外におびき出した可能性があります。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018