米空母を朝鮮半島沖に展開 合同演習で北朝鮮を牽制

09/18 16:54 更新

 北朝鮮の挑発行為に対抗するため、アメリカ軍の戦略爆撃機や原子力空母が朝鮮半島周辺に展開することが明らかになりました。  韓国国防省は18日、国会で今月中にアメリカ軍のB1B戦略爆撃機が朝鮮半島周辺に展開し、合同演習をすると説明しました。早速、午前にB1B戦略爆撃機などが爆撃訓練を実施しています。また、来月には原子力空母「ロナルド・レーガン」が韓国海軍と合同演習を実施する見通しです。一連の動きは挑発を続ける北朝鮮を強く牽制(けんせい)する狙いがあります。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017