GAP「心からおわび」 Tシャツの中国地図に台湾なく

05/16 10:57 更新

 アメリカのアパレル大手「GAP」がTシャツに描かれた中国の地図を巡って謝罪しました。  問題になったTシャツには中国本土の地図がプリントされていますが、中国が「領土の一部」と主張する台湾などが描かれていませんでした。その写真が中国版のツイッターに投稿されると苦情が寄せられ、GAPは14日、「中国の主権と領土を尊重する。不注意なミスを心からおわびする」と声明を出しました。  中国外務省・陸慷報道局長:「GAPは中国の法律を厳守し、類似のミスが再発しないようにすると述べた。私たちはこれからの(GAPの)動きに注目する」  中国当局は外国企業に台湾を「国家」として扱わないよう度々、求めていて、先月は世界36の航空会社に表記変更を要請したことにアメリカのホワイトハウスが「全体主義的で馬鹿げた行為だ」と抗議していました。