厳重警備のなか…世界最大級の家電見本市が開幕

01/10 12:45 更新

 世界最大級の家電・IT(情報技術)の見本市「CES」がアメリカのラスベガスで開幕しました。去年に発生した銃乱射事件の影響で、警備体制が強化されています。  58人が死亡したラスベガスの銃乱射事件の影響で、今年は警察官や警備員が大幅に増やされました。主催者によりますと、警備態勢は去年の約400人から数千人に増員したということです。一方、展示会場ではAI(人工知能)を使って人とつながる家電製品やロボット、自動運転の車のほか、新型ドローンなどが相次いで発表されました。来場者は9日からの4日間で18万人以上に上る見通しだということです。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018