米カリフォルニア豪雨 土砂崩れ発生で13人が死亡

01/10 11:56 更新

 アメリカのカリフォルニア州南部で、豪雨による土砂崩れが発生して13人が死亡しました。  住民:「泥に家が流されてしまった。すべて持っていかれたよ」  ロサンゼルス近郊で9日、豪雨によって鉄砲水が発生し、大量の泥水や岩などが市街地に流れ出しました。救助隊がヘリなどで救援にあたりましたが、少なくとも13人が死亡し、25人が負傷しました。被害が大きかったサンタ・バーバラ郡では7000人に対して避難命令が出ていましたが、従わなかった人が多かったということです。この地域では先月、大規模な山火事が起こって樹木などが大量に焼失したため、土砂崩れが発生しやすい状況になっていました。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2018