2028年ロス五輪は東京大会の半分の以下の予算で…

09/14 17:00 更新

 2028年のオリンピックの開催が決まったロサンゼルスは、東京大会の半分以下の予算で開催する計画です。  ロサンゼルス市民:「最小限の負担で五輪を開催できるのは素晴らしい」  44年ぶり3回目のオリンピックが決まったロサンゼルスは、1984年大会の会場のほか、大学やプロスポーツの施設を活用し、新しい競技会場は造らない方針です。税金は基本的に使わず、約5800億円の経費はスポンサーとチケット収入で賄うなど、オリンピックでは異例の黒字化を目指しています。