“発射”に文大統領「韓国は再起不能にする力ある」

09/15 16:55 更新

 北朝鮮が再び、ミサイル発射の暴挙に出ました。各国の最新情報を伝えてもらいます。ソウルから報告です。  (高橋政光記者報告)  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮との対話路線を掲げていたものの、「このような状況では対話も不可能だ」と怒りをあらわにし、これまでにない厳しい姿勢を見せています。15日朝のミサイル発射を受けて開催されたNSC(国家安全保障会議)で文大統領は、「韓国には北朝鮮が挑発した場合、早期に粉砕して再起不能にする力がある」と述べました。さらに文大統領は、「北朝鮮は、無謀な挑発を続けるほど外交的に孤立と没落の道に入っていくと悟らなければならない」と強く非難しました。韓国政府は北朝鮮のミサイル発射の兆候も事前に察知していたうえ、いざとなれば先制攻撃もできるとしてます。今後はアメリカや日本と連携し、北朝鮮に対する制裁と圧力をさらに強める方針です。ただ、北朝鮮は挑発をエスカレートさせるばかりで、韓国としてはすぐに止める術がなく苦しい状況に置かれています。