茨城で2人“殺害”の男 タイで保釈中に逃亡か

09/13 09:38 更新

 1996年に茨城県でタイ人の男女2人を殺害したとして、去年、タイで逮捕され、保釈中に逃亡していた男が潜伏先で逮捕されました。  タイ警察に逮捕されたブンヤリット・ジャンタプーン容疑者(57)は1996年、茨城県美浦村でタイ人の男女2人を殺害した疑いで、去年1月に逮捕、起訴されました。警察によりますと、ブンヤリット容疑者はチェンライ県にある8つの村を管轄する行政区長を勤めていて、逮捕後、230万円余りの保釈金を支払って保釈されました。しかし、その後、行方が分からなくなっていて、12日、チェンライ県内に潜伏していたところを逮捕されました。  ブンヤリット容疑者:「(Q.警察が行方を追っていたことは知っていた?)知らなかった」「(Q.殺人罪については認めている?)今は答えたくない」  日本はタイとの間に「犯罪人引渡し条約」がないため、タイの法律に基づいて処罰するよう求めています。