ビルの傾き徐々に…危険と隣り合わせの捜索 台湾

02/08 17:23 更新

 死者は9人に達し、依然として10人が行方不明になっています。  7日未明、台湾東部で発生したマグニチュード6.0の地震で、台湾当局によりますと、これまでに9人が死亡し、10人と連絡が取れていないということです。この地震で日本人9人を含む270人がけがをしたということです。今回の地震で大きく傾いたビルには、少なくとも5人が閉じ込められているとみられていますが、傾斜が徐々に進んでいて、捜索は難航しています。台湾当局は倒壊しないようビルを支える鉄柱を設置して、懸命の救出作業を続けています。