“反トランプ”で衝突 アジア歴訪最後のフィリピン

11/10 23:24 更新

 トランプ大統領の訪問を控え、フィリピン各地でデモが起きています。  フィリピン・マニラで9日、「反トランプ」を掲げる人たちがデモ行進を行い、機動隊と衝突しました。参加者らは「トランプ禁止」などと書かれたプラカードや横断幕を持ち、取っ組み合いになるような場面もありました。また、アメリカ大使館の近くやトランプタワーの前でもデモが起き、参加者の1人は「トランプ大統領のような性差別主義者であり反移民主義者は歓迎されない」と訴えています。トランプ大統領は、12日からアジア歴訪の最終地としてフィリピンを訪問します。