文大統領 北非核化へ3カ国の連携の必要性強調

05/09 17:01 更新

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、東京で開催された日中韓首脳会談で「世界史的大転換を引き出す本当の同伴者になる」と述べ、北朝鮮の非核化に向けた連携の必要性を強調しました。  文大統領は、南北首脳会談について「朝鮮半島の完全な非核化と恒久的平和定着の基盤を作った」としたうえで、日本と中国の支援に感謝しました。また、「朝鮮半島と北東アジアの平和への過程で日中両国との協力が必要だ」と述べ、北朝鮮の非核化実現まで3カ国で連携する必要性を訴えました。一方、日中韓の協力強化のため2020年の東京オリンピック、2022年の北京冬季オリンピックを通じた交流を拡大すべきだとの考えを示しました。