9.11から16年 追悼式典で全米が犠牲者を悼む

09/12 08:02 更新

 2001年にアメリカで起きた同時多発テロから16年を迎え、ニューヨークのワールドトレードセンターの跡地などで追悼式典が開かれました。  約2800人が犠牲になったワールドトレードセンターの跡地では、テロ攻撃の時間に合わせて黙祷(もくとう)が行われたほか、犠牲者一人ひとりの名前が読み上げられました。アメリカでは各地で式典が開かれ、テロ攻撃を受けた国防総省で演説したトランプ大統領は「我々はすべての悪に打ち勝ち、一つの国として結束してきた」と訴えました。 (C) CABLE NEWS NETWORK 2017