南シナ海 中国が建設する人工島 最新映像を公開

02/06 07:06 更新

 中国による海洋進出が進む南シナ海の南沙諸島で、岩礁を埋め立ててできた人工島の最新の映像をベトナムのメディアが公開しました。  ベトナムの国営メディア「タインニエン」が公開した映像です。先月18日から20日に南沙諸島、英語名「スプラトリー諸島」のジョンソン南礁で中国が建設する人工島の様子を撮影しました。島内には高さ約30メートルの白い大きな建物が確認でき、運用が開始されたと伝えています。また、上部に球体があるレーダー施設とみられる建物は複数あり、中国船が行き来する様子も捉えられています。ジョンソン南礁は1988年のベトナムと中国の武力衝突以降、中国が実行支配を続けています。