否定から一転 北朝鮮北米局長「米と対話している」

10/24 05:54 更新

 ロシアを訪問中の北朝鮮政府の高官が「アメリカと直接対話を続けている」と発言しました。  北朝鮮外務省の崔善姫(チェ・ソンヒ)北米局長は23日、プーチン大統領の母校で報道陣に非公開で講演しました。崔局長は、アメリカとの直接対話を続けているという内容の発言をしたということです。  講演を聞いたイギリス人学生:「対話などないと考えられていましたが、 本当は対話があったということですね」「(Q.米国と率直な対話をしていると述べたということか?)はっきりそう言いました」  崔局長はこの講演の前にモスクワで核不拡散に関する国際会議に出席していましたが、「非核化を前提としたアメリカとの対話には応じない」と強調していました。