台湾の新行政院長に頼清徳氏 人気が高く親日家

09/06 09:38 更新

 台湾の蔡英文総統は、首相に相当する行政院長に頼清徳台南市長を起用すると発表しました。  蔡英文総統は、4日に辞任を表明した林全行政院長の後任に頼清徳台南市長を指名しました。頼市長は台湾で人気が高く、親日家として知られていて、「次期総統候補」ともいわれています。台湾では来年、統一地方選挙があり、蔡総統は頼市長の起用で支持率が低迷する政権の立て直しを図りたい考えです。