【福岡】朝倉市で復興計画策定に向けた住民集会

11/19 18:19 更新

九州豪雨で被災した住民が、自分たちの考えを出し合って地域の復興計画を作るための集会が、朝倉市で開かれました。朝倉市杷木池田の生涯学習センターでは、周辺の地区から集まった住民らが、復興計画案に盛り込むアイデアの検討を行いました。住民からは、歩行者用の避難道路整備や土地をかさ上げして新しい団地を作るなどのアイデアが出されていて、これに、九州大学の専門家チームが土木などの観点からアドバイスを行います。参加した住民は「土地が確保できれば帰っていきたいという気持ちは最初からある」「住民が前向きに考えているというのが一番大事」朝倉市は、来年3月に復興計画案を策定することにしていて、住民らはそれまでに、意見をまとめて市に提言する予定です。