立憲民主党・枝野代表「入党希望なら年内に決断を」

11/21 00:05 更新

 立憲民主党の枝野代表は、民進党の地方議員が入党を希望する場合は、年内をめどに決断するよう求めました。  立憲民主党・枝野代表:「他にたくさん入りたいと言っている地方議員や地方議員選挙に出たいという方を待ってもらっているので、やはり年内くらいが期限じゃないか。それを超えてしまうと、それ以外の方に順次、入って頂いて」  枝野代表は「国会議員の事情や都合で迷惑を掛けている」として、民進党の地方議員が立憲民主党への入党を希望した場合は、再来年の統一地方選挙に向けて優先して受け入れる考えを示しました。ただ、「そろそろ民進党以外の方で地方組織を作り、候補者を擁立するのかを判断しなければならない」として、年内の決断を促しました。民進党はこれまでの地方組織は存続させる方針ですが、枝野代表は「あくまで個人の判断だ」としていて、民進党側との調整は行わない考えです。