自民党 衆院選挙の公約で憲法9条に自衛隊明記へ

09/21 08:00 更新

 自民党の憲法改正推進本部は、憲法9条に自衛隊の存在を明記することを衆議院選挙の公約に盛り込む方針です。  自民党憲法改正推進本部・保岡本部長:「公約にどういう表現にするかですね。要するに今年6月末以来、議論している4項目については触れると」  20日に開かれた自民党の憲法改正推進本部で、保岡本部長は、これまで検討していた4つの項目、自衛隊の明記、教育の無償化、緊急事態条項、参院選の合区解消について、公約に盛り込む方向だと明らかにしました。憲法9条への自衛隊の明記を巡っては、安倍総理は9条の1項と2項を残したうえで、新たに自衛隊の存在を加える考えを示しています。一方で、これまでの党内の議論では、どのように自衛隊を明記するのか結論が出ていないことから、具体的な条文案については盛り込まない方針です。