政府がNSCを開催へ 北朝鮮がミサイル発射

09/15 07:55 更新

 15日午前7時すぎに北朝鮮からミサイルが発射され、日本の上空を通過しました。総理官邸から報告です。  (政治部・藤川みな代記者報告)  総理大臣官邸には午前7時すぎから菅官房長官や小野寺防衛大臣、麻生副総理が集まっています。まもなくNSC(国家安全保障会議)が行われる見通しです。菅長官は記者会見を行い、北朝鮮に対して厳重に抗議したことを明らかにしました。また、外遊中だった安倍総理大臣は未明に訪問先のインドを出発していて、政府専用機の機内で報告を受けました。そして、安倍総理は情報収集や分析に全力を挙げることなどを関係省庁に対して指示しています。日本政府は14日午前からミサイル発射の兆候を把握していて、警戒態勢を強めていました。発射後、直ちに政府は総理官邸の地下にある危機管理センターに関係省庁の幹部を緊急招集して会議を開きました。現時点では日本国内で落下物や航空機、船舶などの被害は報告されていません。また、防衛省関係者によりますと、今回は迎撃などの措置は行われていないということです。