住宅街に1メートル超のイノシシ 小3女児にかみつく

11/20 11:57 更新

 群馬県大泉町の住宅街に体長1メートルを超えるイノシシが現れ、小学3年の女の子がかまれて軽傷です。  20日午前7時すぎ、大泉町吉田で「イノシシがいる」という110番通報が複数ありました。警察などが駆け付けて捕獲しようとしましたが、イノシシは逃走し、隣の地区で登校しようと自宅を出た小学3年の女の子にかみ付きました。女の子は左手の指2本とお尻をかまれて軽傷ですが、大事を取って病院に搬送されました。イノシシはその後、午前8時すぎに警察や町役場の職員によって捕獲され、その場で殺処分されました。イノシシは体長1.3メートル以上の雌だったということです。他にもイノシシがいる可能性があるため、町役場はメールなどで注意喚起をする方針です。