女子バレー全日本代表の古賀紗理那選手が一日署長

09/21 07:07 更新

 東京・港区で、バレーボール女子の全日本代表・古賀紗理那さんを一日署長に迎え、交通安全を呼び掛けるイベントが開かれました。  バレーボール全日本代表・古賀紗理那選手:「道路を横断する時は信号を守り、遠回りでも横断歩道を渡ります」  港区芝浦のJR田町駅前で20日に行われたイベントには、一日署長を務めるバレーボール女子の全日本代表の古賀紗理那さんや地元住民ら約200人が参加しました。三田警察署管内では、トラックやバイクが絡む事故が他の地域よりも多いということです。古賀さんは、駅の利用客らに反射材などを配るとともに「これから日が暮れるのが早くなるため、反射材を身に付けたり、明るい色の服を着て運転手の目に付きやすくしてほしい」などと交通安全を呼び掛けました。