「ビール瓶では殴っていない」日馬富士関が証言否定

11/18 11:45 更新

 横綱・日馬富士が平幕の貴ノ岩に暴行してけがをさせた問題で、日馬富士関は警察の任意の事情聴取に対して、「素手などで殴った。ビール瓶では殴っていない」と説明していることが分かりました。  鳥取県警は17日午後、東京の両国国技館で、横綱・日馬富士から任意で事情を聴きました。そのなかで日馬富士関は、先月26日に鳥取市内の飲食店で貴ノ岩関の頭を殴ってけがをさせたことを認めたということです。その後の捜査関係者への取材で、日馬富士関は「素手などで殴った」と説明し、「ビール瓶で殴った」という関係者の証言について「ビール瓶は使っていない」と否定していたことが分かりました。鳥取県警は今後、同席していた横綱・白鵬らからも事情を聴くなど暴行の内容や経緯を詳しく調べる方針です。