住民困惑、突然放送やめちゃった!? 佐久高原CATV

01/17 18:46 更新

 長野県佐久穂町の約200世帯で、民放とNHKの地上波が見られない異常事態が続いている。  居間でテレビを見つめる女性。しかし、画面は真っ暗だ…。  佐久穂町の住民:「突然、こういう状態で映らなくなった。地震情報だとか、緊急の場合の情報が全然、入ってこない」  原因は佐久穂町の佐久高原ケーブルビジョンが15日に突然、放送を停止したためだ。  佐久穂町の住民:「(Q.ケーブルテレビから放送停止の案内は?)ないないない。電話しても出ないって言ってたから」  会社は社長1人で経営。しかし、人の気配がないため、記者が自宅を訪れると、応答はなかった。放送の再開を求める総務省や町に対し、社長の男性はこう話しているという。  佐久高原ケーブルビジョンの社長:「理解はしているが、立ち上げるわけにはいかない」  当初は健康上の理由を挙げていたが、デジタル化の費用負担が大きいため、廃止したいと話していたという。