住宅に放火し殺害か 友人同士の16歳少女ら4人逮捕

02/19 11:58 更新

 千葉県印西市の住宅で火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった事件で、警察は殺人などの疑いで20歳の男と16歳の少女ら男女4人を逮捕しました。  仲内隼矢容疑者、菅野弥久容疑者、16歳の少女ら4人は17日午後5時ごろ、印西市竜腹寺の木造平屋建ての住宅に火を付けて全焼させ、1人を殺害した疑いが持たれています。焼け跡からは性別不明の遺体が見つかっていて、警察は遺体がこの家に1人で住む海老原よし子さん(55)とみて捜査しています。警察によりますと、現場の状況などから仲内容疑者らが事件に関わった疑いが強まって行方を捜していたところ、静岡県の駐車場で4人を発見し、逮捕に至ったということです。仲内容疑者ら4人は友人関係だということで、警察は動機やいきさつを詳しく調べています。