東北新幹線 走行中に停電 約6時間運転見合わせ

06/18 05:48 更新

 17日に全線で6時間近く運転を見合わせた東北新幹線は、18日は始発から通常運行の予定ですが、一部で遅れが見込まれるということです。  17日午後2時前、東北新幹線「はやぶさ・こまち21号」が仙台と古川を走行中に停電が発生し、緊急停車しました。この新幹線は立ち往生が続き、乗客約800人は横付けされた別の新幹線に乗り移りました。JR東日本によりますと、電気系統のトラブルで非常ブレーキが作動したままの状態が続いたために運転再開に時間がかかり、6時間近く全線で運転を見合わせました。18日は始発から通常運行の予定ですが、一部で遅れが見込まれています。