横断中にはねられ男性重体 現場にブレーキ痕なし

09/18 17:58 更新

 群馬県伊勢崎市で、78歳の男が運転するトラックが横断歩道を渡っていた81歳の男性をはねました。男性は意識不明の重体です。  警察によりますと、18日午前8時25分ごろ、伊勢崎市昭和町のT字路でトラックが右折して国道に入ろうとしたところ、横断歩道を渡っていた近くに住む81歳の男性をはねました。男性は病院に搬送されましたが、頭を強く打つなど意識不明の重体です。警察は、自家用のトラックを運転していた78歳の楢原二郎容疑者を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。楢原容疑者は「人をはねたのは間違いありません」と容疑を認めています。現場にブレーキ痕がなかったということで、警察は事故原因を詳しく調べています。