東京・板橋区で住民参加の暴力団追放キャンペーン

11/18 10:12 更新

 東京・板橋区で、地元の住民らが参加して暴力団追放キャンペーンが行われました。  17日、板橋区の大山ハッピーロード商店街で行われたキャンペーンには、警視庁の音楽隊や地元住民など約100人が参加しました。住民らとともに参加した警察官が暴力団と「交際しない」「恐れない」「金を出さない」「利用しない」という追放スローガンを道行く人に呼び掛けながらパレードしました。  板橋署組織犯罪対策課・後藤浩一課長:「こういうパレードを通じて、地域の住民一人でも多く暴力団追放運動に興味を持ってもらいたい」  警視庁板橋警察署では、毎年11月に暴力団追放キャンペーンを行っていて、今後も暴力団根絶のために活動を続ける方針です。