硫化水素発生で異臭騒ぎ 近くの住宅から親子の遺体

09/20 00:05 更新

 19日夕方、熊本市の住宅街で硫化水素が発生する異臭騒ぎがあり、近くの住宅で親子の遺体が見つかりました。  警察などによりますと、午後5時ごろ、熊本市中央区の住民から「ガスの臭いがする」と通報がありました。警察などが駆け付けたところ、住宅の風呂場で硫化水素が発生していて、この家に住む47歳の男性が遺体で見つかりました。また、近くの部屋のベッドの上で72歳の母親も遺体で見つかりました。母親は午前中に病院で病気による死亡が確認されていて、警察は男性が自殺した可能性があるとみて調べています。