【報ステ】IDとパスワードで“ポイント”不正利用

09/19 23:30 更新

 医薬品の『龍角散ダイレクト』を他人の“楽天ポイント”を不正に使って購入した疑いで、中国人の元留学生・魏星容疑者(23)が逮捕された。魏容疑者は35人分の楽天ポイントを用いて、70万円相当を購入したという。魏容疑者と同じグループの于冰冰容疑者(24)と張鳳ヨウ容疑者(27)は、家電量販店でデジタルカメラやヘッドホンなどを同じく他人のポイントで購入するなどした疑いで逮捕された。3人の共通点は、他人のIDとパスワードを使ったこと。まず、黒幕とみられる人物が膨大な数のIDとパスワードのリストを入手。それをもとに“リスト型攻撃”と呼ばれる方法で、IDとパスワードを連続して入力した可能性がある。実際に家電量販店のサイトでは、4日間で47万回、不正にアクセスされ、そのうち4000件分がログインに成功。そのIDとパスワードが犯行に使用されたとみられる。