関東にまた雪が… 千種ゆり子の関東天気のタネ

02/17 17:55 更新

 来週は、関東の雪について、いつ、どこで、どれくらい降るのかという3つに絞ってお伝えしていきます。まず、いつ降るのかについてですが、火曜の未明から火曜の午前中です。月曜の帰宅の時間は関東に雪雲はかかっていません。日付が変わる頃になると雪エリアが広がってきて、ピークとなるのが火曜の朝、通勤・通学の時間帯です。  次に降るエリアですが、このように雪雲は関東北部にはかかっておらず、今回は南部の方が降りやすい傾向です。  最後にどれくらい降るかについてですが、先月、関東で大雪になった時と比べてみます。先月は低気圧が発達したため雪の降り方も強まりましたが、来週は発達しないので、雪の降り方としても強くなさそうです。  雪の量で見ますと、先月は東京で23センチの雪が降りましたが、来週は今のところ、東京や水戸などで5センチほどです。前回ほどは多くならない予想です。ただ、今回は雪のエリアと雪の量にはまだブレがありますので、油断せず最新の予報をご確認ください。  来週は雪ですが、今、大雪警報が出ている所があります。群馬北部ではあすにかけて最大60センチの雪が降りそうです。群馬県の片品村とみなかみ町に大雪警報が出ています。明け方にかけて大雪に警戒してください。  あす日中、平野部では天気の崩れはないでしょう。日中の気温はきょうより下がって各地で1ケタです。きょうほどではありませんが、北風が強めに吹くため、ダウンなどでしっかり防寒してお出かけください。