「電線から火花が出ている」トラブル200件相次ぐ

09/21 11:50 更新

 20日夜、名古屋市など広い範囲で電線から火花が出るトラブルが200件ほど相次ぎました。台風18号が原因とみられています。  20日、名古屋市消防局に「電線から火花が出ている」という通報が20件ほど相次ぎました。中部電力によりますと、同じ現象は愛知県と周辺の4つの県で合わせて約200件、起きました。いずれも火災の報告はなく、21日未明までにすべての修理を終えたということです。台風18号による強風で運ばれた海水の塩分やほこりなどが電柱と住宅をつなぐ「引込線」に付着し、そこに雨水がしみ込んでショートしたとみて詳しく調べています。