横須賀市が大規模災害時に自衛隊員の家族を支援へ

11/16 15:08 更新

 神奈川県横須賀市で陸上、海上、航空の3つの自衛隊で、大規模災害時に市が隊員の家族を支援する協定が締結されました。市町村が3つの自衛隊とこうした協定を締結するのは全国で初めてです。  横須賀市によりますと、陸上自衛隊、海上自衛隊、航空自衛隊の3つの自衛隊について東日本大震災のような大規模災害が発生した際、市が隊員の家族を支援する協定を締結しました。自衛隊員は大規模災害の発生時に救助活動にあたるため、長期間にわたって自宅を留守にしなければならない状況を受けてのことです。協定では一時的に利用できる保育施設や介護サービスの情報提供などを行うことになっています。