九州に爪痕残し…台風、高知に再上陸 列島縦断へ

09/17 17:33 更新

 大型の台風18号は17日午後5時ごろ、高知県に再上陸しました。台風が通過した九州では猛烈な雨が降り続け、大分県では佐伯市を流れる番匠川の水があふれ出しました。大分市内を流れる大野川が氾濫しました。さらに、複数の川で氾濫の危険が高まっていて、津久見市・臼杵市・佐伯市で合わせて13万人近くに避難指示が出されています。 くわしくは動画で…