両陛下が鹿児島の離島へ 口永良部島の島民と懇談も

11/16 10:31 更新

 天皇皇后両陛下は鹿児島県の離島を訪問するため、羽田空港を出発されました。  両陛下は鹿児島空港を経由して16日午後に屋久島に入り、約2年半前に噴火によって一時、離島を強いられた口永良部島の島民と懇談される予定です。陛下は去年8月のビデオメッセージで、離島への訪問を「天皇の象徴的行為として大切なものと感じてきた」と話されています。口永良部島の島民は「小さな島の被災なのに、両陛下が忘れずにいてくれてうれしい」と話していて、16日は島民の約半数にあたる56人が船で屋久島に渡って両陛下を出迎えるということです。両陛下は奄美群島の沖永良部島や与論島も訪れ、18日に帰京される予定です。