「人を殺してきた」 薬物更生施設の入居者が自首

09/19 18:54 更新

 施設の同じ部屋の男性の首を包丁で切り付けたとして、27歳の入所者が逮捕されました。  山崎真央容疑者は19日午前2時すぎ、滋賀県にある薬物依存症の回復を支援する施設で、同じ部屋に入所している41歳の男性の首を包丁で切り付け、殺害しようとした疑いが持たれています。男性は首の左側を刺され、病院に搬送されました。命に別状はないということです。山崎容疑者は犯行直後、「人を殺してきた」と交番に自首し、現行犯逮捕されました。