行方不明のフェリー乗客 海上で発見され死亡を確認

09/19 18:51 更新

 フェリーで行方不明となった男性客が海に浮いているのが見つかり、死亡が確認されました。  第十管区海上保安本部によりますと、19日朝、鹿児島県の奄美大島の名瀬港に着いたフェリーの運航会社から「降りる予定だった男性客が見当たらない」との通報がありました。巡視船などで捜索したところ、屋久島の西、約13キロの海上にうつぶせで浮いている60歳前後とみられる男性が見つかり、その後、死亡が確認されました。死亡した男性はフェリーの乗客であることが確認されましたが、身元や死因は判明していません。