“悪質タックル”被害受けた関学大が会見 全編6

05/17 13:30 更新

 日本大学アメリカンフットボール部の選手が試合中に悪質で危険なタックルをして相手チームの選手にけがをさせていた問題で、被害を受けた関西学院大学アメリカンフットボール部が記者会見しました。鳥内秀晃監督(向かって右)と小野宏ディレクター(同左)の会見の模様をノーカットで掲載します。 くわしくは動画で…