【報ステ】「事故装うため線路に」新潟・小2殺害

05/16 23:30 更新

 新潟市の小学生の大桃珠生さん(7)が殺害され線路に遺棄された事件で、逮捕された小林遼容疑者(23)の自宅の家宅捜索が行われた。小林容疑者は、大桃さんを連れ去ったとみられる下校時間から遺体を遺棄するまでの空白の7時間について「遺体を乗せたまま、新潟市内をあちこち移動していた」と供述。また「事故を装うため線路に遺体を置いた」と話していて、電車にひかれれば死因がわからなくなると思ったという趣旨の供述もしているという。警察は証拠隠滅を図ろうとしたのではないかとみている。また、小林容疑者の車の中からは練炭と七輪が見つかっていて、事件後、自殺しようとした疑いも出てきている。小林容疑者の供述には矛盾点もあり、警察は裏付けの捜査を続けている。