「なたで携帯電話壊し服と捨てた」 座間9人遺体

11/14 11:48 更新

 神奈川県座間市のアパートで男女9人の遺体が見つかった事件で、逮捕された男が「なたなどで被害者の携帯電話を壊した」などと話していることが分かりました。  白石隆浩容疑者(27)の部屋からは女子高校生3人を含む男女9人の遺体が見つかりました。白石容疑者は9人全員の殺害をほのめかしています。その後の警視庁などへの取材で、白石容疑者が「なたやきりを使って複数の被害者の携帯電話を壊し、服と一緒に燃えるごみとして捨てた」などと話していることが分かりました。一部の携帯電話の電源は白石容疑者が切ったということです。白石容疑者の部屋のごみ箱からは他にも2台の携帯電話が見つかっていて、警視庁は通話履歴などの解析を急ぐ方針です。