【報ステ】非常に強い台風18号、九州上陸の恐れ

09/14 23:30 更新

 非常に強い台風18号は東シナ海を北寄りに進んでいる。沖縄県宮古島市では13日に最大瞬間風速50.9メートルを観測。48時間で550ミリを超える観測史上最大の雨が降った。今後、台風18号は海水温が高い海域を進み、さらに勢力を増し、九州に上陸する恐れがある。その後、列島を縦断する可能性が高まっているため警戒が必要だ。