新潟の高校から出火…おとといも 警察が関連を捜査

09/15 18:05 更新

 13日に火事があった新潟県長岡市の高校で15日正午ごろ、体育館からまた出火し、全校生徒960人が一時、避難した。警察が2つの火災の関連を調べている。  長岡市の帝京長岡高校。15日正午すぎ、体育館から煙が上がった。市内に設置されたカメラからも煙が見て取れる。実はこのカメラ、13日もこの学校に向けられ、煙を捉えていた。同じ高校で再び火の手が上がったのだ。前回は体育館と弓道場をつなぐ廊下で剣道の竹刀が燃えたが、今回の火元は体育館と3階の用具置き場だったという。連続となれば何者かが意図的に火を放った可能性もありそうだが、だとしたら罪は重い。専門家によれば、体育館内に人がいれば現住建造物等放火にあたり、死刑もあり得る。万が一、犯人が生徒だとしても、捜査関係者がお目こぼし、などということはあり得ないという。