皇后さまが発熱をおして 両陛下が慰霊碑に供花

06/11 11:55 更新

 福島県を訪問中の天皇皇后両陛下は東日本大震災の月命日の11日、福島県相馬市の慰霊碑で白いキクを手向けられました。  両陛下は午前、東日本大震災の津波で多くの犠牲者が出た相馬市原釜地区の慰霊碑を訪問されました。強い雨が降るなか、207人の犠牲者の名前が刻まれた慰霊碑を前に両陛下は白いキクを手向け、深く拝礼されました。皇后さまは10日夜から発熱し、11日朝には38.1度まで熱が上がりましたが、宮内庁によりますと、11日の日程はとても大切なものであり、当初の予定通り務められるお気持ちだということです。