テールローターが外れた状態で…ヘリ墜落で4人死亡

11/10 17:15 更新

 ヘリ墜落で4人が死亡した事故。ある部品が機体から外れた状態で見つかりました。  群馬県上野村でヘリコプターが墜落して乗っていた4人が死亡した事故で、機体の姿勢を保つための「テールローター」が外れた状態で見つかったことが国の調査で分かりました。事故を目撃した人は墜落直前に「ヘリコプターの後ろから煙が出ていた」「大きな部品が落下した」などと話していて、警察などはこの装置に何らかの異常が起きて、墜落につながった可能性もあるとみて詳しく調べています。  東邦航空・宇田川雅之社長:「損傷程度もひどくて今までにない大破、炎上だったんだろうなと」  宇田川社長は現場に花を手向け、事故調査委員会や警察に協力して原因究明を待つと話しました。