パンク被害止まらず 塩尻市、松本市で20台超が…

11/13 18:42 更新

 警察が警戒を強めるなかで、また20台以上の車がタイヤをパンクさせられる被害に遭っていました。  13日朝、長野県塩尻市の住宅地で扉や柵のない駐車場に止めていた車を中心に10台以上、タイヤ側面に小さな穴が数カ所開いていたということです。さらに隣の松本市でも朝、10台以上の被害が確認されました。周辺では先月末から同様の事件が相次ぎ、12日までに約60台の被害が報告されています。いずれもアイスピックのような鋭利な物で刺されていました。警察は一連の事件は関連があるとみて捜査を進めています。