「台風18号」宮古島が暴風域に 3連休に列島直撃か

09/13 11:48 更新

 強い台風18号は沖縄県宮古島の東南東を北上しています。まもなく最接近する石垣島から報告です。  (金城正洋記者報告)  時折、強い雨と風が吹き付ける石垣島です。13日午後1時ごろには暴風域に入るとみられ、市内の小中学校と高校はすべて休校となっています。市の福祉センターには高齢者や観光客ら15世帯、17人が自主的に避難しています。石垣空港はゲートが閉じられ、那覇や県外を結ぶ空の便は全便欠航となっているほか、石垣島と周辺離島を結ぶ海の便も欠航し、離島住民や観光客に影響が出ています。一方、すでに暴風域に入っている宮古島市では、午前10時8分に最大瞬間風速37.2メートルを観測しました。また、午前11時半現在、5320戸で停電しています。  台風18号は、この後も発達しながら宮古島付近を通過する見込みです。15日には、進路を東寄りに変えて、16日からの3連休に日本列島を直撃する恐れがあります。強い雨や風で交通機関が乱れる恐れがあり、今後の台風情報に注意が必要です。