ホタテ漁船から22歳男性が転落、行方不明に 北海道

11/10 18:50 更新

 ホタテ漁船から男性が海に転落し、行方が分からなくなりました。  10日午前6時すぎ、北海道長万部町の漁港の沖合約1.5キロの海上で「漁船から男性が転落した」と漁協から室蘭海上保安部に通報がありました。転落したのはホタテ漁船「第八十八宝山丸」の乗組員、長万部町に住む濱中大地さん(22)で、海保などが捜索していますが、今も見つかっていません。事故当時、現場海域は晴れていて波も穏やかだったということです。