発見者装い通報も… 父親殺害の疑いで次男を逮捕

09/13 05:56 更新

 大阪府寝屋川市の集合住宅で69歳の男性が殺害された事件で、同居する次男が殺人の疑いで逮捕されました。  殺人の疑いで逮捕されたのは、アルバイト店員・渡部公将容疑者(31)です。渡部容疑者は寝屋川市の自宅で11日午後11時ごろ、同居している父親の秀明さんの胸や腹を包丁で複数回、刺して殺害した疑いが持たれています。渡部容疑者は当初、自ら警察に通報して発見者を装っていました。警察の調べに対して「父親から借金の事を叱責(しっせき)され、ストレスが溜まり殺害した。自転車で家を出て包丁を川に捨てた」と容疑を認めているということです。