アパホテルが13億円“地面師被害” 男女9人逮捕

11/09 05:55 更新

 大手ホテルチェーン「アパグループ」との土地取引を巡って、法務局に偽造された証明書を提出したなどとして男女9人が逮捕されました。  亀野裕之容疑者(53)ら男女9人は2013年8月ごろ、大手ホテルチェーン「アパグループ」との間の東京・赤坂の土地取引を巡って、偽造された印鑑登録証明書を法務局に提出した疑いなどが持たれています。警視庁によりますと、亀野容疑者らは土地の所有者になりすましてアパ側と取引を進め、代金約13億円をだまし取ったとみられています。アパ側が亀野容疑者らから受け取った書類を法務局に提出したところ、偽造が発覚しました。警視庁は、亀野容疑者ら9人が所有者になりすまして土地などを勝手に転売する地面師グループとみて捜査を続けています。